スマホを守る関連商品の選択肢・スマホリング

スマートフォン(以下スマホ)の最大のリスクと言っても過言ではない、外的要因による破損や故障。手元から落としてしまい、画面の液晶が割れたり、一部機能が使えなくなってしまったりすることが主な原因のひとつである。

そのようなリスクからスマホを守るための関連商品であるスマホアクセサリーが数多く販売されている。
スマホの発売当初はスマホケース(スマホカバー)を利用しているユーザーが大多数だったが、現在ではスマホケースの他にスマホリング(バンカーリング、スマホバンド)やポップソケッツ・グリップなど、ケースにとどまらないスマホアクセサリーも多く存在する。

そもそも、スマホは端末そのものの価格がフィーチャーフォンに比べると高価な端末が多く、修理が可能な状態であっても修理代は決して安くはない。
特にiPhoneは、Appleの保証に加入していない場合の画面の修理に約2~3万円もの費用が発生する。iPhone X以降の機種こそガラス加工になったことで強度が増したが、それでも落下によって一部の機能に不具合が生じるケースもある。

iPhone X以降も含めてだが、それ以前の端末を落としてしまうと液晶画面にヒビが入りやすく、かと言って修理代も安くないため、その状態のまま使い続けている人も少なくない。また安価で修理をしてくれる業者に依頼しても正規店での保証対象外になることも。
画面にヒビが入って見づらくなったり、必要な機能が使えなくなってしまった場合、仕事や生活に支障をきたしてしまう。

たとえ端末を買い替えたとしても、バックアップが不十分だと使用していた端末にあったデータが引き出せないということも考えられるなど、どんな場合でも破損・故障によって不便な思いをしてしまうことは避けられない。極端に言えば「百害あって一利なし」だ。

そのようなリスクを回避するために各種メーカーが関連商品としてスマホアクセサリーを開発、販売しており、スマホの落下防止に役立つ。
さらに、スマホアクセサリーには「スマホをより快適に、より便利に使う」ことも期待できる。些細でも煩わしく感じることが無くなるだけで、私たちは満足感を味わい、より一層生活や仕事に集中できるとも言えるだろう。
こうした経験は、一度でもスマホの落下によって画面のひび割れや故障を経験している人なら実感いただけるはずだ。

毎日使うものだからこそ、快適で気に入ったものを選んで使いたいと考えるのが自然な思考。ユーザーのさまざまな不安や不便を解消するべく、実に多種多様なスマホアクセサリーが生み出されている。

製品開発においては、クラウドファンディングを利用し、海外の画期的な技術やデザインを輸入するという形も珍しくない。海外発のいわゆるインポートアイテムは日本国内には無かった斬新な機能やデザイン、あるいは原価の違いで安価に便利な商品を使うことができる。
もちろん国内メーカーにも素晴らしい製品は多く存在し、保護シールでは高い技術を持っている。

とはいえ、昨今では何を選んだらいいか迷うほど多くのスマホアクセサリーに選択肢があるのも事実。

こうした状況の中で、スマホリング(バンカーリング・スマホバンドを含む)はスマホ落下防止に一役買ってくれるスマホアクセサリーである。

スマホリングはスマホアクセサリーの中でも、スマホを使用中、指に掛けて端末を持って操作できるため安定感が増し、スマホの落下防止に役立つアクセサリーとして浸透している。

一方で課題もある。スマホリングは金属を使用したリングが一般的であるため、自分の指にフィットするとは限らない。

また安価なスマホリングは貼り直しができなかったり、粘着力に課題があると、スマホ落下防止目的のはずが、スマホリング自体が剥がれてスマホが落下してしまうといった最悪の事態を招きかねない。また、iPhone Xのようなワイヤレス充電に対応した端末であっても、スマホリングとの相性が悪く、ワイヤレス充電が出来ないといった場合もある。

金属を使用した従来のスマホリングは便利な反面、課題もあるが、こうした課題を解決してくれるスマホリングがMOMO STiCK(モモスティック)だ。

MOMO STiCK(モモスティック)の最大の特長はスライドさせることでリングのサイズを3段階で調整することができる。

つまり、自分の指にちょうどいいサイズを選んで使用することが可能。一番狭くした状態だときつく感じる場合は1段階緩くすることで解決できる。そのため、自分で使用する場合はもちろん、例えば家族や友人にプレゼントする場合にも指のサイズを気にする必要がない
またMOMO STiCK(モモスティック)はシリコン素材となっているため、指に通しても馴染みやすい。金属を使用したスマホリングを使用した際、指に痛みを感じたことがある方であれば、MOMO STiCK(モモスティック)を利用することで解決できるだろう。

スマホリングとして指に通してホールドする以外に、スマホスタンドとしても利用できる。

スマホリングの特徴として、従来品でもリングを立てることでスマホ自体を机の上に置くことができるため、スマホリングがスマホスタンドにもなるという機能のスマホリングがほとんどである。このMOMO STiCK(モモスティック)も構造としては同じであるため、スマホスタンドとして利用でき、一石二鳥。

また金属を使用した従来のスマホリングはリング部分が他の持ち物に接触して傷つけてしまう可能性もあるが、MOMO STiCK(モモスティック)は柔らかいので、他の物を傷つけるリスクも回避できる。

さらに約3.6mmという薄さのため、付けている感じがしない。

なおかつシリコン素材のためワイヤレス充電にも対応。金属を使用したスマホリングの場合、素材の相性でワイヤレス充電を妨げたり、熱を持ってしまい粘着力が弱くなることがあるが、MOMO STiCK(モモスティック)ならその心配もない。

MOMO STiCK(モモスティック)の粘着面は特殊加工シールを採用しているため、粘着力が強く、それでいて剥がした後の汚れやベタベタ感がほとんど無い。多少の汚れが付いてもティッシュなどで拭き取れば綺麗な状態に元通り。
この特殊加工シールは水洗いすることもできるため、剥がして軽く洗い流せば再度貼り付けが可能。つまり、スマホの機種変更やスマホカバーを替えた場合でも簡単に貼り替えることができる。

操作時の安定感が増してスマホの落下防止に役立ち、なおかつ指のサイズに合わせて調節も可能。スマホスタンドとしても利用でき、畳んだ状態なら薄くてワイヤレス充電も可能。そしてなんと言っても貼り直しができるので機種変更やスマホカバーの変更も問題ない。

見た目も使い方も非常にシンプルな商品だが、多くの機能と利便性を兼ね備えた新感覚のスマホリングであるMOMO STiCK(モモスティック)。

スマホリングを使用している方なら是非とも一度は試してみていただきたい。またこれからスマホリングを使ってみたいという方であれば、MOMO STiCK(モモスティック)を使えば他のスマホリングが使えなくなるのではないだろうか。

1000円以下の安価なスマホリングと比較すれば少し値は張るが、「安かろう悪かろう」で機能が不十分なスマホリングを買うくらいなら、MOMO STiCK(モモスティック)を試してみる価値は十分にある。

スマホリングを使うかどうかは人それぞれ自由だが、使うという選択肢を取るなら、一度は試してみていただきたい。
MOMO STiCK

関連記事

  1. FRONTIER TRADEの取り組みについて

  2. デジタルとアナログ、どちらが優位か

  3. 取り扱う製品におけるコンセプト

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA