これまでの歩み

社名の由来

私たち合同会社FRONTIER TRADEは世界中に存在する未だ見ぬ「価値」を求めて日々活動に取り組んでおります。
FRONTIERとは「最前線の」「新天地の」「未開拓の」といった意味があります。
私たちが暮らしている日本国内には、たくさんの優れた製品があり、それを生産するメーカーが存在します。それは製品に限らず、例えば食料であったり、サービスであったり、多種多様なモノが存在します。
一方で世界中には、日本に負けずとも劣らないモノが存在することも、また事実です。
これだけたくさんの情報やモノが存在する現代でも、まだまだ日本では知られていない価値が眠っています。

私たちはそういった素晴らしい製品を「最前線の立場で」、「未開拓の地に踏み込む」勇気を持って、活動に取り組んでおります。

そしてもう一つのTRADEには、「商業(商い)」「貿易」といった意味もありますが、「交換」という意味もあります。
世界から日本へモノやサービスを取り入れる貿易という商いを通じて「価値を交換する」というビジネスの根底を尊重した活動を行っています。

これらの言葉を全て含め、その意味を日々噛み締めて走り続けるために、FRONTIER TRADEという名前を掲げております。

沿革

2015年7月輸入事業及び小売・卸売事業開始
2016年6月FRONTIER TRADE創業
2016年7月WEBサイト構築事業
広告・販促事業開始
2017年5月OEM事業開始
2017年9月システム手帳ELENOA(エレノア)Ver.1.0』発売開始
2017年10月合同会社FRONTIER TRADE設立
代表社員:呉 達人
本社:川崎市中原区小杉町
2017年11月物販・WEBコンサルティング事業開始
『MOMO STiCK(モモスティック)』取り扱い開始
2017年12月ペット関連事業開始
2018年1月真空断熱4WAYボトルGolchi(ゴルチ)』発売開始
2018年2月スマホ教室事業開始
スマスクール」開校
2018年3月本社を川崎市中原区木月に移転
2018年9月『システム手帳ELENOA(エレノア)Ver.2.0』発売開始
ODM事業開始