【1つ4役・15の機能を持つスマートボトルGolchi(ゴルチ)】クラウドファンディングスタート

本日より、15の機能を持つスマートボトル「Golchi(ゴルチ)」の先行予約受付をクラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」にて開始いたしました。

スマートボトルGolchi(ゴルチ)はアメリカのクラウドファンディング「Kickstater」にて2016年にプロジェクトを実施し、合計40万ドル以上(日本円で約4,400万円)、5,000人以上の支援者を獲得してサクセスしたプロダクトです。

この度、2017年6月6日(火)からクラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」にて日本初上陸となる先行予約受付プロジェクトがスタートしました。

Golchi(ゴルチ)とは?

スマートボトルGolchi(ゴルチ)には15の機能が付いています。
普段からマイボトルを持ち歩く方はもちろん、これを機にマイボトルを所有したい方にとっても、お役に立てる製品です。

Golchiの魅力は、ただ単に機能がたくさん詰め込んであるだけの製品ではありません。
その1つ1つには、使う人のことを考えた綿密な設計と高い技術によって製品化に至った経緯があり、あらゆるシーンで利用いただくことを想定した設計となっています。

Golchi(ゴルチ)の全体像

Golchiは上蓋(スリッパーキャップ)・上部コンパートメント(ドリンク1)・ビルトインケース・中サイズコンパートメント・下部コンパートメント(ドリンク2)・温度マーカー・3WAY底蓋(現地特許出願中)の構成となっています。

それぞれが取り外し可能となっており、好みに合わせてカスタマイズができます。

Golchiの機能・特徴

Golchiボトルの機能および特徴は以下の通りです。

2つの異なる温度のドリンクを持ち運べる
12時間の保温と24時間の保温が可能な真空断熱ボトル
モジュール式デザインで1つ4役に(2段構造・ジャンボサイズ・ノーマルサイズ・ミニサイズ)
ビルトインケースで固形物を持ち運べる
3段階の調整が可能な飲み口(現地特許出願中)
マグネットロックで飲むときの邪魔をしない
ストレスなく出し入れできる飲み口
ホットとコールドを見分ける温度マーカー
持ち運びに便利なハンドル
漏れ防止設計
お手入れカンタンなセパレート設計
食洗機対応の材質を使用
既存のカップホルダーに入る標準サイズ
セパレートによってカップとしても利用可能
2種類のボトルでデザインのカスタマイズが可能
※それぞれのイメージや詳細はクラウドファンディングプロジェクトページをご覧ください。

ボトル界の革新的な製品

Golchiボトルはシカゴ・イノベーション・アワード2016にノミネートされた実績があります。
Golchiが最も革新的な新しいプロダクト、サービスであることが証明されました。
シカゴ・イノベーション・アワードは2002年創立。地域で開発された最も重要な新製品およびサービスに注目し、その創造的な精神を取り上げて表彰しています。例年の受賞者には、満たされていない需要を独自に満たし、市場に競争的な活気をもたらし、市場の期待を上回り、経済的に成功し、また、人々の生活改善に貢献した技術革新が選ばれています。

使い方はあなた次第

・コールドあるいはホットドリンクのボトルとして
・シリアルやスナックのフードケースとして
・冷えた缶を持ち運ぶ真空断熱缶ホルダーとして
・オフィスや室内でのコーヒーカップとして

Golchiボトルの使い方はあなた次第です。
全てをご紹介しきれないくらい、様々な利用シーンを想定した魅力溢れる製品となっています。

クラウドファンディング概要

リターンプラン
超早期割引プラン【定価より30%OFF】(先着30名様)
早期割引プラン【定価より20%OFF】(先着100名様)
早期割引プラン【定価より15%OFF】(先着300名様)
GREEN限定プラン【定価より10%OFF】
2個セット割引プラン【定価より15%OFF】
5個セット割引プラン【定価より20%OFF】

先行予約受付期間
6月6日〜7月31日

目標金額
500,000円

お届け予定
2017年9月下旬~10月上旬

申し込み・プロジェクト詳細

製品の詳細、ならびに先行予約申し込みはGREEN FUNDINGプロジェクトページにてご確認ください。

※クラウドファンディングはあくまでも先行予約受付であり、販売が確定している商品ではございません。プロジェクトが目標金額に達した場合のみ、支援者にリターンとして商品が提供されます。予めご注意ください。